HOME「住宅エコポイント」制度概要について

「住宅エコポイント」制度概要について

2009年12月8日に、「明日の安心と成長のための緊急経済対策」が閣議決定され、『住宅エコポイント制度の創設』が盛り込まれました。
2009年度第2次補正予算の成立を条件にして、エコリフォームまたはエコ住宅の新築をされた方は、エコポイントを取得できることになります。エコポイントで交換できる商品は、2010年3月までに決定される見通しです。

 エコポイントの発行対象となる工事の期間

  • 2009年度第2次補正予算の成立日以降に工事が完了し、引き渡されたものを対象とします。
  • ただし、以下に限定します。
    • エコリフォームについては、2010年1月1日以降に工事に着手(ポイント対象工事を含む工事全体の着手)したもの
    • エコ住宅の新築については、「明日の安心と成長のための緊急経済対策」の閣議決定以降(2009年12月8日以降)
  • 2010年12月31日までにエコリフォームの工事に着手又はエコ住宅の建築着工したものを対象とします。

 エコポイント発行対象物件

エコポイントの発行対象は、「エコリフォーム」と「エコ住宅の新築」です。
エコポイント発行対象説明図

1.エコリフォーム / 窓の断熱改修について

エコリフォームにおける窓の断熱改修においては改修後の窓が、省エネ法(エネルギーの使用の合理化に関する法律(昭和54年 法律第49号))に基づく省エネ判断基準(平成11年基準)に規定する断熱性能に適合するよう行う次のいずれかの断熱改修を対象とします。
なお、ポイントの申請や交換などの詳細については、決まり次第順次お知らせいたします。

  • 内窓設置 : 既存窓の内側に、新たに窓を新設
  • 外窓交換 : 既存窓を取り除き、新たな窓に交換
  • ガラス交換 : 既存窓を利用して、ガラスを断熱ガラスに交換

日本板硝子では「ガラス交換」が対象となります。平成11年基準の地域区分に応じて、エコポイント対象商品が選定されています。

2.エコリフォーム / 窓の断熱改修の発行エコポイント

エコリフォームのエコポイントは、下記 (1) + (2) + (3) = 300,000 ポイントを限度とします。
(1) : 窓の断熱改修
(2) : 外壁、屋根・天井又は床の断熱改修
(3) : (1)、(2)に併せて、バリアフリーリフォームを行う場合に加算されるポイント

窓の大きさの区分及び改修方法に応じて定める以下のポイント数に施工箇所数を乗じて算出したポイント数を発行します。(対象となる窓の仕様例については国土交通省の資料を参照ください)
エコリフォームの対象となる窓の仕様例(国土交通省サイトへ)

大きさの
区分
1箇所あたりのポイント数
内窓設置※1 外窓交換※2 ガラス交換※3
面積※4 ポイント数 面積※5 ポイント数
2.8m²以上 18,000ポイント 1.4m²以上 7,000ポイント
1.6m²以上 2.8m²未満 12,000ポイント 0.8m²以上 1.4m²未満 4,000ポイント
0.2m²以上 1.6m²未満 7,000ポイント 0.1m²以上 0.8m²未満 2,000ポイント
  • ※1 内窓の交換も含みます。
  • ※2 増築等に伴って新設されるものを含みます。
  • ※3 ガラス交換は、交換するガラス1枚あたりにポイントを発行します。
  • ※4 内窓又は外窓のサッシの枠外寸法を測定します。
  • ※5 ガラスの寸法を測定します。  ガラス寸法測定の一例

 窓・ガラス交換に対するエコポイント申請の流れ(予定)

窓・ガラス交換に対するエコポイント申請の流れ(予定)
【引用】 板硝子協会、(社)日本サッシ協会、プラスチックサッシ工業会、全国複層硝子工業会 作成資料より

 エコポイント発行対象予定商品(ガラス交換)

ガラス交換のエコポイント発行対象となるガラスは、「地域区分」「サッシの材質」「ガラスの性能」により異なります。
まず、お住まいの地域区分をご確認ください。「地域区分」はT〜Yまでの6地域に区分されています。同じ県でも、市や町によって区分が変わる地域もあります。(例えば栃木県はV地域になりますが、栃木県宇都宮市はW地域です。)
次に「サッシの対象条件」をご確認ください。ここでは、お使いのサッシの形状と材質がポイントになります。例えばW地域では、「一重構造のガラス入り建具で材質は問わない。」という条件になります。つまり、今お使いのサッシ(建具)の材質はどんなものでも良いということになります。
最後にその地域区分とサッシの対象条件を満たすガラスの性能(熱貫流率(Y地域のみ日射侵入率))をご確認ください。

以上の3つの条件全てを満たすことで、住宅エコポイントの対象になります。お住まいの地域でエコポイントの対象になる日本板硝子のガラスは「エコポイント発行対象予定商品」をご覧ください。

※地域区分やサッシの仕様によっては同じエコポイント対象商品でも、「ガラスの厚さ」「中空層の厚さ」など対象となるガラスの仕様が異なる場合がありますのでご注意ください。
省エネルギーに係る平成11年基準 地域区分(PDF 2.6MB/19ページ)

地域区分 サッシの対象条件 ガラスの対象条件 エコポイント発行対象予定商品
Ⅰ、Ⅱ 一重構造のガラス入り建具で、木製又はプラスチック製であるもの。もしくは、木又はプラスチックと金属との複合材料製であるもの。(複層ガラス用) ガラス中央部の熱貫流率が2.08以下であるもの ペアマルチEA 中空層11ミリ以上
ペアマルチEA寒冷地タイプ 中空層11ミリ以上
ペアマルチスーパー 中空層10ミリ以上
ペアマルチレイボーグ 中空層9ミリ以上
セキュオペア高断熱タイプ 中空層10ミリ以上
セキュオペア遮熱高断熱タイプ 中空層9ミリ以上
パイロペア高断熱タイプ 中空層10ミリ以上
パイロペア遮熱高断熱タイプ 中空層9ミリ以上
スペーシア21 中空層9ミリ以上
スペーシアSTⅡ  
一重構造のガラス入り建具で、木又はプラスチックと金属との複合材料製であるもの。または一重構造のガラス入り建具で、金属製熱遮断構造であるもの。(複層ガラス用) ガラス中央部の熱貫流率が3.01以下であるもの ペアマルチEA 中空層5ミリ以上
ペアマルチEA寒冷地タイプ 中空層5ミリ以上
ペアマルチスーパー 中空層5ミリ以上
ペアマルチレイボーグ 中空層5ミリ以上
ペアマルチ 中空層10ミリ以上
セキュオペア高断熱タイプ 中空層5ミリ以上
セキュオペア遮熱高断熱タイプ 中空層5ミリ以上
パイロペア高断熱タイプ 中空層5ミリ以上
パイロペア遮熱高断熱タイプ 中空層5ミリ以上
スペーシア21 中空層9ミリ以上
スペーシアSTⅡ  
一重構造のガラス入り建具で、木製又はプラスチック製であるもの。(複層ガラス用) ガラス中央部の熱貫流率が3.36以下であるもの ペアマルチEA 中空層4ミリ以上
ペアマルチEA寒冷地タイプ 中空層4ミリ以上
ペアマルチスーパー 中空層4ミリ以上
ペアマルチレイボーグ 中空層4ミリ以上
ペアマルチ 中空層6ミリ以上
セキュオペア高断熱タイプ 中空層5ミリ以上
セキュオペア遮熱高断熱タイプ 中空層5ミリ以上
パイロペア高断熱タイプ 中空層4ミリ以上
パイロペア遮熱高断熱タイプ 中空層4ミリ以上
スペーシア21 中空層9ミリ以上
スペーシアSTⅡ  
Ⅳ、Ⅴ 一重構造のガラス入り建具で材質は問わない。(複層ガラス用) ガラス中央部の熱貫流率が4.00以下であるもの ペアマルチEA 中空層4ミリ以上
ペアマルチEA寒冷地タイプ 中空層4ミリ以上
ペアマルチスーパー 中空層4ミリ以上
ペアマルチレイボーグ 中空層4ミリ以上
ペアマルチ 中空層4ミリ以上
セキュオペア高断熱タイプ 中空層5ミリ以上
セキュオペア遮熱高断熱タイプ 中空層5ミリ以上
パイロペア高断熱タイプ 中空層4ミリ以上
パイロペア遮熱高断熱タイプ 中空層4ミリ以上
スペーシア21 中空層9ミリ以上
スペーシアSTⅡ  
一重構造のガラス入り建具で材質は問わない。(一枚ガラス用) スペーシアSTⅡ  
スペーシア守  
ペアマルチホームEA 中空層4ミリ以上
ペアマルチホームEA寒冷地タイプ 中空層4ミリ以上
ペアマルチホーム (ペアマルチスーパー) 中空層4ミリ以上
ペアマルチホーム (ペアマルチレイボーグ) 中空層4ミリ以上
ペアマルチホーム (ペアマルチ) 中空層4ミリ以上
一重構造のガラス入り建具で材質は問わない。(複層ガラス用) ガラスの日射侵入率が0.43以下のもの ペアマルチレイボーグ 中空層4ミリ以上
ペアマルチRS 中空層4ミリ以上
一重構造のガラス入り建具で材質は問わない。(一枚ガラス用) ペアマルチホーム (ペアマルチレイボーグ) 中空層4ミリ以上
レフシャイン  

【ご注意】中空層の幅は空気層で算出しています。アルゴンガス層などの場合は、中空層の幅が異なりますので別途お問い合わせください。

 減税制度も同時に使えます

今なら住宅エコポイントに加え、所得税や固定資産税の減額措置が受けられる省エネリフォーム減税制度も同時に使えるので、さらにお得です。 ※税制が適用される期間は、それぞれ異なります。

既存住宅の省エネ改修促進税制の概要 ページへ

 エコポイント発行対象商品(ガラス交換)に関する相談窓口
日本板硝子お客様ダイヤル

お問い合わせは、0120-498-023まで。
番号はおかけ間違いのないようにお願いいたします。

 住宅エコポイント制度概要については以下のホームページに公表・掲載されています。

住宅エコポイント制度の実施について(国土交通省サイト)
住宅エコポイント制度の実施について(経済産業省サイト)
住宅エコポイント制度の実施について(環境省サイト)

※『住宅エコポイント制度』は、国土交通省、経済産業省、環境省の三省合同事業として実施される予定です。

 よくあるご質問

政府公表「住宅エコポイントに関してのよくあるご質問(国土交通省サイト)」 PDF(147KB)

 このページの掲載内容について (更新日:2010年1月27日)

住宅エコポイント制度は2009年度第2次補正予算の成立を前提としています。
正式には国会での審議を踏まえ制度として創設されますので、掲載内容に変更があり得ることをご了承ください。