ウイルスクリーン(抗菌・抗ウイルスガラス)

 

可視光応答型の光触媒ガラス「ウイルスクリーン™」は、蛍光灯やLED照明などの可視光によってガラス面に付着する99%以上のウイルスを低減します。医療介護施設、公共施設、保育施設など衛生的な環境が求められる部位に最適です。

 

特長

可視光応答型

光触媒は紫外光(屋外光)が当たるとその光触媒効果を発揮する「紫外光応答型」が一般的ですが、ウイルスクリーンは感度の高い「可視光応答型」で、室内光(蛍光灯)でも光触媒効果を発揮します。

優れた抗ウイルス効果

99%以上のQβファージ(インフルエンザウイルス相当)を低減する効果が認められました。

優れた抗菌・抗かび効果

大腸菌、黄色ブドウ菌などの細菌や黒かびに対して、紫外光照射が無くても高い抗菌・抗かび性を発揮します。

優れた耐久性

各種耐久性試験※の後であっても、可視光の照射によって、抗菌・抗ウィルス性能が認められました。※各種耐久性試験水浸漬試験、アルカリ溶液浸漬試験、ガラス洗剤浸漬試験、殺菌剤浸漬試験。

優れた透明性

ウイルスクリーンはフロート板ガラスに比べて、透明度はほとんど変わりません。

バリエーション

断熱性に優れ、窓際の冷え冷え感や結露の発生を抑え、冷暖房費を低減する複層ガラスタイプや、万一、ガラスが破損した場合でも破片の飛散や脱落がほとんどなく、被害を最小限度に抑える合わせガラスタイプがあり、用途に応じて選択可能です。

用途

衛生的な環境
病院などの医療介護施設、公共施設、保育施設などの開口部、医療器具のガラス扉など衛生的な環境が求められる用途。