ウイルスクリーン(抗菌・抗ウイルスガラス)

身の回りにあるガラスの機能によって、菌やウイルスを減少させて、新しい生活様式を作りこむことができます。日本板硝子のウイルスクリーン は、ガラス面に付着した細菌やウイルスの繁殖を銅系化合物と光触媒膜との相乗効果により抑制する抗菌・抗ウイルスガラス。店舗やオフィスをはじめ、学校や公共施設など飛沫感染や接触感染対策が必要なあらゆる用途に活躍の場が広がります。

ウイルスクリーン® の仕組み

ウイルスクリーン®は抗菌・抗ウイルス効果のある銅系化合物と、有機物を分解する光触媒膜との相乗効果
により、ガラス面に付着するウイルスを蛍光灯やLED照明などの可視光によって99%以上低減します。

実験によるウイルス抑制効果

監修:東京大学 先端科学技術研究センター 橋本研究室

ウイルス残量データ

※1 実際の評価では、バクテリオファージQβを使用
※2 照射条件 蛍光灯・LED照射 : 1000 lx暗所保管 : 室内にて保管ケース内

ウイルスクリーン®は蛍光灯やLED照明を照射することにより活性ウイルス濃度が減少、優れた抗ウイルス性を発揮することが確認されました。

抗菌・抗ウイルス効果が確認された一例
用途

● 店舗、オフィス、工場などでの飛沫感染や接触感染対策が必要な間仕切り用途に
● 不特定多数の方が出入りする学校、公共施設や宿泊施設の窓や間仕切り用途に
●展示ケースや食品ケースのガラス扉などの用途に

仕様

断熱性に優れ、窓際の冷え冷え感や結露の発生を抑え、冷暖房費を低減する複層ガラスタイプや、万一、ガラスが破損した場合でも破片の飛散や脱落がほとんどなく、被害を最小限度に抑える合わせガラスタイプがあり、用途に応じて選択可能です。

透明性の比較

ウイルスクリーンはフロート板ガラスに比べて、透明度はほとんど変わりません。

品種表
設計・施工上のご注意

1.ウイルスクリーンは製造後の加工ができませんので、寸法や形状は正確にご発注ください。

2.抗菌・抗ウイルス膜は、両面にコーティングすることはできません。開口部へご採用の場合はコーティング面を室内側にご使用ください。

3.抗菌・抗ウイルス膜は、長時間水に触れている場合に、抗菌・抗ウイルス性能が低下する場合があります。施工前、施工中は雨水等がかからないように十分にご注意ください。

4.高温・多湿、または水回りでのご使用はお避けください。

5.ガラス施工時に一般的に使用されるシリコーン系シーリング材は、難分解成分が滲みだすことにより、抗菌・抗ウイルス性能に影響を与える可能性があります。 施工時にはシリル化アクリレートなどの低汚染タイプのシーリング材(例:セメダイン株式会社製「EXCELⅡ」)をご使用ください。
ただし、外装用途でご使用される場合は、室外側ガラスのシーリング材はシリコーン系シーリング材をご使用ください。

6.施工時、コーティング面にプライマー、シリコーン等のシーリング材などを付けないよう手袋、治工具、作業方法にご留意ください。

使用・メンテナンス上のご注意

1.ウイルスクリーンを清掃する場合は、乾いたきれいな布で乾拭きをしてください。汚れが落ちない場合は、きれいな水またはアルコールを含んだ布で拭き上げた後に乾拭きをしてください。
2.カッターナイフ等でコーティング面を擦るとキズが付きますので、ご注意ください。また、スキージーのご使用もお避けください。
3.砥粒を含んだ洗剤や酸、アルカリ度の強い洗剤のご使用はコーティング膜を傷める原因となりますので、お避けください。

特長

可視光応答型

光触媒は紫外光(屋外光)が当たるとその光触媒効果を発揮する「紫外光応答型」が一般的ですが、ウイルスクリーンは感度の高い「可視光応答型」で、室内光(蛍光灯)でも光触媒効果を発揮します。

優れた抗ウイルス効果

99%以上のQβファージ(インフルエンザウイルス相当)を低減する効果が認められました。

優れた抗菌・抗かび効果

大腸菌、黄色ブドウ菌などの細菌や黒かびに対して、紫外光照射が無くても高い抗菌・抗かび性を発揮します。

優れた耐久性

各種耐久性試験※の後であっても、可視光の照射によって、抗菌・抗ウィルス性能が認められました。※各種耐久性試験水浸漬試験、アルカリ溶液浸漬試験、ガラス洗剤浸漬試験、殺菌剤浸漬試験。

用途

衛生的な環境
● 店舗、オフィス、工場などでの飛沫感染や接触感染 対策が必要な間仕切り用途に ● 不特定多数の方が出入りする学校、公共施設や宿泊 施設の窓や間仕切り用途に ●展示ケースや食品ケースのガラス扉などの用途に