住宅 エコリフォーム推進事業

住宅 エコリフォーム推進事業とは?

カーボンニュートラルの実現に向け、住宅ストックの省エネ化を推進するため、
住宅をZEHレベルの高い省エネ性能へ改修する取組みに対して、国からの支援が得られる補助事業です。

部分改修の概要

住宅 エコリフォーム推進事業には家全体をZEHレベルとする「全体改修・建替」と、
改修部分をZEH使用基準に適合する「部分改修」があります。
ガラス交換で申請が可能な「部分改修」について以下、掲載します。

1)部分改修のポイントと補助対象となる具体的要件
①部分改修のポイント
  1. 申請は「事業者登録」された施工業者。
  2. 複数の開口部(2窓以上)の工事が必須要件。
  3. 申請補助額が5万円以上で申請可能。
  4. 「事業者登録」後、工事が可能。

②補助対象となる具体的要件
必須工事 複数の開口部でZEH仕様基準となる改修
部分改修と合わせることで
対象となる工事
①ZEH仕様基準を満たす躯体工事
②下記設備の効率化
・太陽熱利用システム
・ヒートポンプ・ガス瞬間式併用型給湯機(ハイブリット給湯機)
・電気ヒートポンプ給湯機(エコキュート)
・潜熱回収型石油給湯機 (エコウィル)
・潜熱回収型ガス給湯機 (エコジョーズ)
・燃料電池システム(エネファーム)
・ガスエンジン
・コージェネレーション設備
・高断熱浴槽
・浴室シャワーの節湯水栓
・蓄電池
・LED 照明
2)補助率、補助上限額、補助額、およびモデル工事費
①補助率
戸建・共同住宅 11.5%
マンション 1/6

②補助上限額
戸建住宅 512,700円/1戸
共同住宅 2,500円/㎡
マンション※ 3,700円/㎡
※共同住宅のうち耐火建築物又は準耐火建築物であって、延べ床面積が 1,000 ㎡以上 であり、かつ、地階を除く階数が3階以上のもの

③補助額(以下の内、最も低い額)
・モデル工事費×補助率
・実際の工事費×補助率
・補助上限額

④モデル工事費
部位 ガラス交換 内窓設置・外窓交換
面積 1枚あたりの
モデル工事費
面積 1枚あたりの
モデル工事費
1.4㎡以上 85,000円 2.8㎡以上 225,000円
0.8㎡以上
1.4㎡未満
64,000円 1.6㎡以上
2.8㎡未満
171,000円
0.1㎡以上
0.8㎡未満
21,000円 0.2㎡以上
1.6㎡未満
150,000円
3)ZEH仕様基準におけるガラス中央部の熱貫流率の基準値
①ZEH仕様基準におけるガラス中央部の熱貫流率の基準値
対象サッシ仕様 地域区分ごとのガラス中央部の熱貫流率の基準値
(W/㎡・K)
1〜2地域 3地域 4地域 5〜7地域
戸建 樹脂・木 1.3 1.3 1.9 1.9
金属とその他
材料の複合
0.99 0.99 1.4 1.4
金属製 0.54 0.54 1.0 1.0
共同 樹脂・木 1.3 1.9 2.82.8
金属とその他
材料の複合
0.99 1.4 2.22.2
金属製 0.54 1.0 1.71.7
4)事業者登録と各種申請
5)対象期間
6)補助額の計算方法

窓ガラスのリフォームで、ガラス面積に応じた補助額が支援されます!
※実際の工事費がモデル工事費より低い場合は補助額も低くなります。