こどもみらい住宅支援事業

こどもみらい住宅支援事業とは

本事業は、子育て支援と2050 年カーボンニュートラルの実現に向け、
子育て世帯または若者夫婦世帯による高い省エネ性能を有する新築住宅の取得に伴う負担を軽減するとともに、
住宅の省エネリフォーム等を補助することにより、省エネ性能を有する住宅ストックの形成を図ることを目的とする補助事業です。

カタログPDFはこちら

リフォーム工事の概要

リフォーム工事の要件

つぎの要件をすべて満たす必要があります。

  • 所有者等※1 が施工者に工事を発注(工事請負契約)して実施するリフォーム工事

※1 リフォーム工事の所有者(法人を含む)、居住者又は管理組合・管理組合法人

  • 対象期間内に工事請負契約を締結したもの

※詳しくは事務局のホームページをご覧ください。
https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/

対象工事

必須工事(1〜3いずれか)

  • 開口部の断熱改修
  • 外壁、屋根・天井または床の断熱改修
  • エコ住宅設備の設置

1〜3と併せて実施した場合のみ対象

  • 子育て対応改修
  • 耐震改修
  • バリアフリー改修
  • 空気清浄機能・換気機能付きエアコンの設置
  • リフォーム瑕疵保険等への加入
補助額
大きさの区分 ガラス交換※1 内窓設置※2・外窓交換 ドア交換
面積※3 1枚
あたりの
補助額
面積※4 1箇所
あたりの
補助額
面積※4 1箇所
あたりの
補助額
1.4㎡以上 8,000円 2.8㎡以上 21,000円 【開戸】
1.8㎡以上
【引戸】
3.0㎡以上
32,000円
0.8㎡以上
1.4㎡未満
6,000円 1.6㎡以上
2.8㎡未満
16,000円 - -
0.1㎡以上
0.8㎡未満
2,000円 0.2㎡以上
1.6㎡未満
14,000円 【開戸】
1.0㎡以上
1.8㎡未満
【引戸】
1.0㎡以上
3.0㎡未満
28,000円

※1ガラス交換は、箇所数ではなく、交換するガラスの枚数に乗じて算出
※2内窓交換を含む
※3ガラスの寸法とする
※4内窓もしくは外窓のサッシ枠または開戸もしくは引戸の戸枠の枠外寸法とする

性能要件・・・窓の断熱改修

改修後の開口部の熱貫流率が平成28年基準に規定する開口部の断熱性能等に関する基準のうち、開口部比率(ろ)の基準値以下となることが要件となります。

開口部比率の
区分
地域の区分ごとの熱貫流率の基準値
(単位1平方メートル1度につきワット)
1 2 3 4 5 6 7 8※
(ろ) 2.33 3.49 4.65 -

※8地域においては、ガラスの日射熱取得率が0.49以下の製品が対象

上記の開口部(ガラス+サッシ)の熱貫流率に加え、今回の補助金では下表に示す建具の仕様に応じたガラス中央部の熱貫流率以下の製品も対象となります。

製品登録の
区域区分
樹脂・木 金属と
その他材料の
複合
金属
(アルミ)
1~7 1.9 1.4
4~7 3.6 2.9 2.4
5~7 5.5 4.4 3.9

4~7地域においては、建具の仕様を問わず一枚ガラス用サッシへのガラス交換が可能です。対象となる製品は事務局へ登録された商品のみとなります。

補助額の上限
世帯の属性 既存住宅購入の有無 一戸あたりの上限
若者・子育て世帯 あり 60万円
なし 45万円
一般世帯(その他) あり(安心R住宅※3に限る) 45万円
なし※4 30万円

※世帯属性等の詳細につきましては、事務局サイトにてご確認下さい。
https://kodomo-mirai.mlit.go.jp/

対象期間(完了後申請)
工事請負契約 2021年11月26日(金)~2023年3月31日(金)
申請開始 2022年3月28日(月)~2023年3月31日(金)
補助額申請のための主な手続き
こどもみらい住宅支援事業(ガラス交換)に関する相談窓口
日本板硝子お客様ダイヤル
0120-498-023
真空は
0.2ミリ

受付時間 9:00~12:00 13:00~17:30(定休日 土・日・祝)
番号はおかけ間違いのないようにお願いいたします。