HOME ガラスの種類別真空ガラス

真空ガラスとは

“真空は熱を伝えない”

そんな科学的原理を活かし、世界初の真空テクノロジーを駆使して生まれたガラスが「真空ガラス」です。

熱の伝わり方には「伝導」「対流」「放射」の3形態があり、この3つをおさえればおさえるほど、高い断熱性を生み出し、心地よい暮らしが実現できます。真空ガラスは2枚のガラスの間に0.2mmの真空層をつくることで、熱の「伝導」と「対流」を防ぎ、「放射」は高断熱特殊金属膜で抑えています。
そのため冬は暖房負荷を軽減し、夏は日射熱を反射して、「冬は暖かく、夏は涼しい」環境をつくりだします。

また単板ガラス用サッシに装着できるという特徴も備えていますので、既存住宅の窓のリフォーム断熱化も可能です。
エネルギーを上手に活かし、快適な暮らしに役立つ真空ガラスは、地球環境保護(CO2削減)という視点からも、大きな貢献が期待されています。

真空ガラス構造図

真空はなぜ熱を伝えない?

真空はなぜ熱を伝えないのでしょうか?

熱は水や空気、金属などのモノとモノが接触して伝わるという性質を持っています。しかし真空は宇宙空間と同じ。水も空気もないため、熱が伝わらないのです。

実は私たちの身近なところにも、真空の力がたくさん活かされています。
例えば「魔法びん」。
熱いお湯が冷めないのも、冷たいジュースがぬるくならないのも、魔法びんの間にある真空のおかげなのです。
真空ガラスも真空の特性を活かし、断熱を実現しています。