HOME 暮らしのお悩み対策防犯住宅侵入の手口

住宅侵入の手口

犯罪と隣り合わせの現代社会、住宅への侵入や窃盗の被害は決して珍しいことではありません。
住宅等に対する侵入窃盗の件数は、平成16年は約29万件にのぼり、10年前に比べて17.3%も増加しています。(警視庁生活安全局生活安全企画課)またその手口も年々巧妙化しており、防犯対策と一口でいっても様々な手段を検討しなければなりません。
ちょっとした油断がもとで、いつ誰が犯罪の被害者になってしまうか分からない現代社会。十分な防犯対策を講じておくとともに、陰に潜む危険性を瞬時に感じられるよう、常に防犯意識を持っておく必要があるのです。

1番多い侵入手口


戸建て住宅やマンションへの侵入手口で一番多いのは「ガラス破り」です。道具を用いて窓ガラスを破り、外側から鍵を開けて侵入します。
特に戸建て住宅では、無締りや錠破りなどに比べて、ガラス破りが群を抜いて多くなっています。庭などに面する窓ガラスは道路から死角となり、侵入するのに好都合ということです。

またマンションではサムターン回しやピッキングなどの錠破りが、ガラス破りについで多くなっています。
最近、オートロックの共同住宅が増えてきましたが、油断は禁物です。「オートロックだから大丈夫」と思い、つい戸締りを忘れてしまった住宅に空き巣が入ってしまうことは非常に多いのです。
居住者と一緒に玄関をくぐる、内側のセンサーに巧みに感知させるなど、侵入は案外簡単なためです。

また、洗濯物が何日も干したままの状態や部屋の明かりがずっと消えているなど、明らかに留守が分かるような状況も、侵入者に狙われるポイントとなります。

「ガラス破り」とは?

住宅侵入で最も多い「ガラス破り」とは、どのような手法なのでしょうか?
ガラス破りは窓のガラスを割り、クレセント部を狙って侵入する手口で、 「こじ破り」と「打ち破り」の2種類があります。

「こじ破り」
軽量のドライバーなどを用いてガラスにヒビを入れ、音を出さないように破壊する。
周りに気づかれないように密かに侵入する方法。
「打ち破り」
破壊音をあまり気にせずにバール等でガラスを破壊する。
住人や警備員が駆けつける前に、数分で目的を達成しようとする方法。
次の話しへ 防犯の他のお話し
1.住宅侵入の手口 2.狙われやすい場所 3.傾向から見る防犯対策 4.ガラスの種類と防犯特性

お勧めガラス