エコガラス

窓ガラスの向こうに子どもたちの笑顔を見続けたい
エコガラスは、次世代省エネ基準を満たすLow-E複層ガラスです。

家庭で消費されるエネルギーの4分の1以上は、冷暖房費だと言われています。
建物の大きな割合を占める窓ガラスは、室内の外の熱の通り道になります。
国内の建築用板ガラス製造メーカーで構成される板硝子協会は、室内をより快適に保ちながら窓から出入りする熱を伝えにくくし、
CO2削減に貢献できるガラスを「エコガラス」として推奨し、窓の機能を向上させることで地球環境を守りたいと考えます。

エコガラスとは?

CO2削減、省エネなど、地球環境に優しいLow-E複層ガラス「エコガラス」は、
レースのカーテンだけで、次世代省エネルギー基準を満たすことができます。
これは、住宅性能表示制度の「温熱環境性能」で、最高位の評価(等級4)を得られるガラスです。

関連サイト

「板硝子協会エコガラス」サイト

板硝子協会は日本の板ガラス製造メーカーである、
旭硝子(株)、日本板硝子(株)、セントラル硝子(株)の3社で構成された団体です。