HOME 暮らしのお悩み対策防犯ガラスの種類と防犯特性

ガラスの種類と防犯特性

ガラスの種類によって防犯性能は大きく異なります。
侵入に弱いガラスは少しの衝撃で簡単に割れてしまうので、万一の場合、非常に危険です。一方、防犯性能を十分に期待できる窓ガラスなら、侵入を未然に防ぐことが可能です。
侵入を許さない強靭な防犯ガラスは、割れやすく狙われやすいという窓ガラスの弱点を見事に克服しました。
防犯ガラスを上手に取り入れ、住宅のセキュリティを万全に整えましょう!

防犯特性の比較

ガラスごとに防犯性能が異なるといっても、実際にイメージしにくいと思います。
そこで、ガラスの種類別に防犯性能を比較してみました。

フロート板ガラス
最も一般的で、開口部に使用される頻度が高いガラス。しかし、短時間で破られ、防犯性能は期待できません。
「熱線吸収板ガラス」、「熱線反射ガラス」、「装飾ガラス」も同様に期待できません。
型板ガラス
型模様のガラスが使用され、視線を遮る機能をもったもの。防犯性能はフロート板ガラス同様、期待できません。
網入り板ガラス
火災時の延焼を防止する目的で金網を封入したガラス。しかし金網は容易に切断できるため、防犯性能はフロート板ガラスと同様、期待できません。
強化ガラス
フロート板ガラスを加熱・急冷して製造し、強度を高めたガラス。割れにくく、万一割れた場合には、ガラス全面が粒状になるので、安全面での特長はあるものの、反面、防御力を失うため防犯性能は期待できません。
複層ガラス
2枚のフロート板ガラスの間に中空層を設け、フロート板ガラスの約2倍の断熱性能をもったもの。
2枚のガラスを破るのに手間取ること、ガラス周辺がシールドされているためガラスの破片を取り除きにくくフロート板ガラスに比べると破りにくいものの、防犯性能は期待できるレベルではありません。
合わせガラス
2枚以上のガラスを強靭な樹脂中間膜で接着して一体化したもの。割れてもガラスの破片が飛び散らず安全面に優れています。
さらに中間膜を厚くしたり、破りにくいポリカーボネート板などを挟んだりすることで、防犯性能を向上させることができます。
合わせ複層ガラス
複層ガラスの片側または両側に合わせガラスを使用したもの。断熱性能に優れているとともに、合わせガラスの中間膜を厚くしたり、破りにくいポリカーボネート板などを挟んだりすることで防犯性能をより向上させることができます。
防犯の他のお話し
1.住宅侵入の手口 2.狙われやすい場所 3.傾向から見る防犯対策 4.ガラスの種類と防犯特性

お勧めガラス