HOME 暮らしのお悩み対策防災・安全自然災害・人災を考える

自然災害・人災を考える

いつも何事もなく過ごしている日常。「生活が変わるほどのことは何も起こらないだろう」と油断しがちですが、日常は災害や事故によって、生活が一変する可能性が潜んでいます。
最近頻繁に起こっている大きな地震、台風や竜巻による強風の被害などの災害は、不注意で大きな惨事に発展しかねません。記憶に新しいのが、阪神大震災や福岡県西方沖地震です。地震による建物の被害はもちろんですが、ガラスも割れて、その破片で大けがをするという被害が多くありました。
災害は発生を防ぐことができません。発生したときを考えて、被害を最小限に止める必要があります。

窓のガラスは生活になくてはならないものです。室内に自然の光をとりこみ、景観を楽しむことができるのは、透明なガラスがあるからです。風や外気から守る役割も果たしています。
しかしながら、ガラスは割れると鋭利な破片になり、私たちを脅かす存在に変わります。
人は突発的な災害から逃げ切ることはできません。起きた災害によって破れたガラスを浴びる可能性は誰にでもあります。
だからこそ、ガラスの対策を考えていく必要があるのです。

ガラスによる被害が考えられるケース

地震

地震

福岡県西方沖地震でのガラスの破片が降り注ぐ映像はいまだ記憶に新しいところです。また、4万人以上もの負傷者を生んだ阪神・淡路大震では、約1割がガラスによる被害であったと報告されています。
大地震の大きな揺れは、建物そのものの破壊、室内の家具の衝突、外からの飛来物など様々な理由でガラスを破壊します。
割れたガラスは鋭利なため、触れるのも危険な凶器となり、飛散するととても危険なものになります。また、避難時に大きな妨げとなります。

台風・竜巻(強風)

台風・竜巻(強風)

通常規模の台風では、ガラスが割れることは滅多にありませんが、規模が大きいと危険性はあります。
いつ大規模な台風が日本に来るかは予想できません。また、1999年に台風18号が愛知県地方を襲った時には、竜巻が突然発生しました。
台風の数倍もの強風によって割れたガラスにより、豊橋市内の小中学校で200人以上の児童、生徒が怪我をするなど、大きな被害を生みました。
台風や竜巻でなくとも、とても強い風が吹くと、飛来物によりガラスが割れる危険性が発生するのです。

日常生活

日常生活

ガラスは透明なため存在に気づかずに突っ込んでしまったり、何らかの事故やトラブルによってガラスに衝突すると割れたりしてしまいます。そのガラスの破片で、大怪我や落下事故の原因となります。
また、日常でよくある物の接触などでガラスが割れれば、怪我をする危険性が高まります。
今日では、人体の衝突が予想される場所では、対策を講じておかないと、社会的責任を問われることにもなりかねません。

次の話しへ 防災・安全の他のお話し
1.自然災害・人災を考える 2.被害を最小限に抑えるためには 3.ガラスの耐震設計について

お勧めガラス

防災ガラス 合わせガラス 防犯ガラス 防音ガラス

カタログ