HOME 暮らしのお悩み対策結露結露の弊害

結露の弊害

窓が結露している状態をほっておくと大変なことになりかねません。じつはさまざまな問題を引き起こす可能性があります。
窓際の床が結露した水で湿って、ふやけてぶかぶかしてしまったり、カーテンやじゅうたんが濡れて、カビが発生し、体に悪い影響を与える場合もあります。

カビ

カビ

カビは、適度な湿気と温度、そして栄養のあるところにはどこ でも繁殖し、温度20〜70℃、湿度70%以上になると急激に発生しやすくなります。また、建材や仕上げに使われる接着剤やのりを 栄養分として結露によるシミや湿気のある場所に発生するので、 まず、結露を防ぐこと、通風を良くすることが重要となります。

ダニ

ダニ

ダニは、高温、多湿を好むため、一般的に、夏に発生、活発に活動し、冬には活動しないものといわれていますが、最近は暖房機器や加湿器の普及など生活様式の変化などから、冬でも住宅内でダニが活動しやすくなっています。ダニが発生すると、かゆみ、腫れ、ニキビ、喘息など様々 な病気の原因になるといわれています。予防法としては、主に次のようなもので すが、何といっても掃除をすることと、多湿にならないように、換気をよくする ことが重要です。

カビ、ダニが原因と考えられる病気

アトピー性皮膚炎
環境を変えると病状が軽減することから、カビやダニが原因の一つと考えられています。
小児ぜんそく
昔から、転地療養をすることによって症状が軽減することから、環境による病気ではないかと考えられてきました。これもまた、住環境の影響による病気の可能性があり、カビやダニによる室内空気の汚染が原因の一つとしてあげられています。
アレルギー性皮膚炎
アトピー性皮膚炎と同じように病気の原因が不明でしたが、病気を引き起こすアレルゲンの多くがカビやダニを原因の一つとする事がわかっています。
次の話しへ 結露の他のお話し
1.結露の起こるしくみ 2.結露の原因 3.結露の弊害 4.結露軽減策

お勧めガラス