HOME 暮らしのお悩み対策省エネ・断熱・遮熱冬、部屋が寒い理由

冬、部屋が寒い理由

住宅の断熱

寒い冬を快適に過ごすには、部屋を暖かくしてキープするのが必要ですよね。このためには住宅に断熱性能を持たせることが必要です。
冬の寒さから守って快適な家にするには、壁や天井に断熱材を使用するのは常識となりつつありますが、「窓の断熱」については、まだまだ認識されていません。
冬の寒さから部屋を守るなら、「窓の断熱」がとても大きいポイントになります。では、なぜ「窓の断熱」なのでしょう?

図を見るとわかりますように、冬に部屋の中が寒いのは、家の中にある熱の約半分が窓などの開口部から外に逃げてしまうからです。
部屋の熱は窓から多く逃げていくのに、窓の断熱性能が壁や屋根などより劣っていると暖房などで暖めていても、「冬に暖かい部屋」は実現しません。
室内の暖かさを逃がさない鍵は、ズバリ「窓」ということになります。

窓の断熱性能が低いと・・・

暖房で暖めている部屋にいるにもかかわらず、足下がひんやり・・・。こういうこと、よくありますよね。この原因は、窓の断熱性能が不十分なために起こる、「冷ふく射」という現象で、窓から冷たい外気が入ってくることによります。
また、冷たい空気は下に下がる性質を持っています。そのため、窓の近くの空気が冷やされ、足下から「ひんやりゾーン」が部屋全体に広がるのです。
こういった理由で暖まらない部屋ですと、暖房の温度を上げても効果がなく、どんどん設定温度を上げてしまってとても電気代がかかってしまう原因にもなります。
≫ 効率のいい冷暖房
窓の断熱性能が低いと、結露の原因にもなります。
結露とは、冷たい外気によって冷やされた窓に室内の暖められた空気がぶつかって冷やされ、空気中の水蒸気が窓ガラスに水滴となって表れる現象です。
結露が発生すると、じゅうたんやカーテンが濡れてカビやダニが発生したりさまざまな弊害を引き起こします。これは住宅だけでなく、健康にも大きな問題につながって生きます。
≫ 暮らしのお悩み対策 「結露」
次の話しへ 省エネ・断熱・遮熱の他のお話し
1.冬、部屋が寒い理由 2.夏、部屋が暑い理由 3.効率のいい冷暖房 4.省エネ対策

お勧めガラス