HOME 暮らしのお悩み対策省エネ・断熱・遮熱夏、部屋が暑い理由

夏、部屋が暑い理由

窓の遮熱性能

夏に外から家に帰ると、部屋の中が暑くてたまらない・・・、そんな経験をしたことありますよね。
部屋の空気がこもったような暑さになるのは、外の気温が高いからというだけではありません。窓から室内に差し込んでくる太陽の熱が、室温を上昇させる大きな要因なのです。

図を見るとわかりますように、住宅において外から室内に侵入してくる熱を全部で100%とすると、窓などの開口部から入ってくる熱は71%を占めています。ということは、窓ガラスに遮熱性能があれば、効果がありそうですね。
遮熱とは太陽の熱を遮り、室内に熱が侵入するのを防ぐことです。
夏を快適に過ごすためには、部屋の熱を外に逃がさない断熱と同様に、遮熱が大きなポイントになります。遮熱ができれば、夏を快適に過ごせると言っても過言ではないかもしれません。

日射熱取得率(日射侵入率)

窓の遮熱性能を評価するものに、日射熱取得率というものがあります。
日射熱取得率は、窓ガラスに注ぎ込まれた太陽熱(日射熱)が、室内に伝わる割合をパーセントで表したものです。日射侵入率とも呼ばれます。この値が小さい程、遮熱性能がよいといえます。

図を見ますと、日射熱侵入率で考えたとき、1枚ガラスは日射熱を90%近くも室内に伝えてしまい、室温はその分上昇します。
しかし、日射熱取得率の低いガラスを使用すると、遮熱性能があるので、太陽熱の侵入を大幅に防ぎ、夏の室温上昇を押さえます。

次の話しへ 省エネ・断熱・遮熱の他のお話し
1.冬、部屋が寒い理由 2.夏、部屋が暑い理由 3.効率のいい冷暖房 4.省エネ対策

お勧めガラス