HOME 暮らしのお悩み対策省エネ・断熱・遮熱省エネ対策

省エネ対策

冬の省エネ対策は「断熱」

窓などの開口部から、全体の50%もの室内の熱が逃げています。
これはせっかく暖房で暖めた空気が外に逃げていることになります。
そのため、冬の省エネを効果的に行うためには、室内の熱が逃げないように窓の「断熱」が必要です。

具体的に
・窓ガラスから熱を逃がさないように、断熱性能が高いガラスに交換する。
・サッシからも熱が逃げるので、サッシにも十分な断熱効果があるものを選ぶ。
・シャッターや二重窓、雨戸などを取り付ける。

窓の断熱性能は、ガラスだけではなくサッシの効果も重要です。ガラスとサッシの組み合わせが非常に重要なポイントとなってきます。

断熱性能が高いガラス

断熱性能が高いガラスはいっぱいあるけど、性能はどう比較したらいいの・・・?その判断基準になる、熱貫流率というものがあります。

熱貫流率とは・・・
熱エネルギーが壁や窓ガラスを通して温度の高い空間から低い空間へ伝わる現象を熱貫流といいます。
そのときに熱の伝わりやすさを表す数値が「熱貫流率」で、面積1uあたり1時間でどれくらい(何キロカロリー)の熱が流れるかを表します。

数字が小さいほど、熱を逃がしにくい=暖房の効きやすくなるガラスといえます。ガラスを選ぶ際の判断基準にしてください。

障子から学ぶ断熱対策

日本古来の風習である「障子」。単なる紙、と思いきや、実はガラスよりも断熱性能が高いのです。
すきま風などはもちろんありますが、熱を逃がさない効果には優れているので、ガラスとうまく併用すれば暖かさを保つことができます。
古きよき日本人の知恵はこんなところにも活用できます。

夏の省エネ対策は「遮熱」

夏、窓などの開口部から侵入してくる熱は、全体の71%もあります!
暑くなった室内を効率的に涼しくするためには、冷房の設定温度を下げるしかありませんが、電気代が高くなりがちです。
そこで、ここでも窓の対策が必要になります。窓に遮熱性能をつけることで外の暑い熱をシャットダウンし、冷房の効きがよくなり、室内の快適性が高められます。
冷房の効きがよくなるということは省エネにも効果的です。冷房にかかっていた電気代をグッとおさえることができます。

具体的に
・日よけになるものを設置する
例えば、植木を植える、ひさしを取り付ける、すだれ・ブラインド・遮光カーテンなどをつける。
このような対策は、直射日光を受け続けた場合と比較すれば、遮熱の度合いはずいぶん違ってきます。
しかし、熱気そのものを防げるとは言い難く、さらなる対策が求められます。
・遮熱効果のあるガラスを取り入れる
窓などの開口部から侵入してくる熱が約7割を占めているため、ガラス自体に遮熱性能を持たせることで、大きな効果が期待できます。

窓の断熱性能は、ガラスだけではなくサッシの効果も重要です。ガラスとサッシの組み合わせが非常に重要なポイントとなってきます。

外側の対策・内側の対策

遮熱を効果的に行うには、窓の外側からの遮熱と内側からの遮熱の2つがあります。
外から差し込んでくる光を遮るために、カーテンやブラインドを付けるといったことはよく行われている対策ですね。これが内側からの遮熱対策です。しかし、いくら内側から遮熱対策をしても、家そのものに降り注ぐ日光量に変わりはありません。外側からの遮熱を行うことで、内側の遮熱対策も生きてくるのです。
外側の遮熱対策は、例えば木を植える、ガーデニングをするなど、日陰を作ってみる方法です。庭の華やかさがアップするとともに遮熱対策にもなり、一石二鳥の効果が得られます。

省エネ・断熱・遮熱の他のお話し
1.冬、部屋が寒い理由 2.夏、部屋が暑い理由 3.効率のいい冷暖房 4.省エネ対策

お勧めガラス