HOME ガラスの種類別防犯ガラス

防犯ガラスとは

“窓ガラスから始まるセキュリティ”

近年、侵入犯罪の増加とともに手口の凶悪化が進み、防犯対策の強化が必要となってきています。
空き巣狙いの侵入方法で一番多い方法は、ガラス破り。なんと一戸建て住宅の空き巣の約7割をしめています。

窓からの侵入を防ぐために効果的な方法は、「破るのに時間がかかり、もし割れた際は大きな音のする窓ガラス」にすることです。

そんな機能を持ったガラスが、「防犯ガラス」。
防犯ガラスは2枚のガラスの間に強靭で厚い中間膜や特殊な板(ポリカーボネード板)をはさみこんでいます。
ドライバーによる「こじ破り」、バールなどによる「打ち破り」に高い抵抗力を発揮します。

犯罪を未然に防ぐための高機能な性能を持った「防犯ガラス」で、暮らしの安全と安心をお約束します!

防犯ガラス構造図

破損状況比較

ドライバーを使ったこじ破り
外側からクレセント付近を、ドライバーでこじ破りました。

フロート板ガラス
クレセントを回すのに十分な大きさの穴が簡単に開いてしまいました。
網入板ガラス
防犯に効果があると思われがちですが、一枚ガラスと同様に簡単に割れてしまいました。
セキュオSP
ガラスは割れましたが、ポリカーボネート板があるために、クレセントを回せる穴を開けるまでに、さらに時間がかかりました。

【こじ破り手口】に関連付けられる防犯性能
ドライバーなどで音を出さないようにガラスを破壊し、まわりに気づかれないよう、密かに侵入しようとすること。

【打ち破り手口】に関連付けられる防犯性能
破壊音をあまり気にせずにガラスを破壊し、住人や警備員などが駆けつける前に、数分で目的を達成しようとすること。

  • この仕様基準は実験値として示されたものを一覧表にしたものであり、各ガラスの性能を保証するものではありません。
  • 防犯ガラスに期待できることは、侵入行為に抵抗する時間の延長であり、執拗な破壊および犯罪行為には万全ではありません。
  • 防犯性能の高いサッシや補助錠の併用をお奨めします。※セキュオSP、セキュオPYは自社試験に基づきます。