ペアマルチレイボーグ(Low-E複層ガラス(日射遮蔽型))

温暖地に適した窓ガラス –ペアマルチレイボーグ
夏を涼しく、冬を暖かく過ごすための遮熱低放射複層ガラス。特殊金属膜をコーティングした室外側のガラス(Low-Eガラス)の効果で、夏の暑い日差しをカットし、快適な室内を実現します。また冬は高断熱性能を発揮するので、暖房から出る暖かさを外に逃がさず、暖房効率を高めます。

※ペアマルチレイボーグはエコガラス製品です。

ガラス構造図

ペアマルチレイボーグ(グリーン)

上品なライトグリーンの反射色を持った色合いが特長です。高級感に溢れた、都会的でシャープな印象を住まいにあたえます。

※この色調見本は印刷のため実際の色と多少異なります。ご採用の際にはサンプルによるご確認をおすすめします。

ペアマルチレイボーグ(クリア)

室外から見た反射色がクリアで自然な色合いが特長です。外壁材と合わせやすく、住宅とのコーディネイトの幅を広げます。

※この色調見本は印刷のため実際の色と多少異なります。ご採用の際にはサンプルによるご確認をおすすめします。

特長

遮熱性(日射熱カット)

ペアマルチレイボーグは、窓ガラスを通して入ってくる日射熱量を約60%カットします。その性能は一般複層ガラスペアマルチの約3倍。そのため夏の冷房負荷を軽減し、省エネに大きな効果を発揮します。

 

高い断熱性能

Low-E膜と中空層の働きで高断熱性能が発揮されます。そのため室内の熱が逃げにくく、室外の冷気も室内に伝えにくいため、同じ暖房温度でも暖房効果に差ができ、お部屋の暖かさが違います。

 

紫外線カット(UVカット)

太陽の光に含まれる紫外線は、家具・カーテン・壁の色褪の原因になります。ペアマルチレイボーグは、Low-E膜の効果で、その紫外線の約85%をカットします。

 

快適な室内環境

夏は、日射熱の侵入をおさえるので、冷房効率を向上させ、室内を涼しく快適な環境をつくります。また冬は、暖房をしていても暖かいからだの表面から窓ガラス付近の冷気に熱を奪われ寒く感じる「冷輻射」や、足元が冷え冷えする「コールドドラフト現象」をやわらげます。

 

結露軽減(防止)

室内と室外に大きな温度差ができることで、ガラス面に結露が発生することがあります。ペアマルチレイボーグは、Low-E膜と中空層による優れた断熱性能によって室内側のガラスの表面温度が下がりにくいため、一般複層ガラスペアマルチと比較しても、さらに結露軽減効果に優れています。