ペアマルチEA 寒冷地タイプ(低放射複層ガラス)

 

ペアマルチEA寒冷地タイプは、室内側ガラスにコーティングした高断熱Low-E膜が日射熱を採りこみながらも、室内の暖房熱は外に逃がさないため、冬の寒さが厳しい地域に最適な低放射複層ガラスです。
さらに、透明で自然な視界を確保できるので、明るく大きな室内環境づくりが可能です。

可視光透過率[%]   75.5
熱貫流率[W/(㎡K)]    1.9
日射熱取得率[η]    0.74
紫外線カット率[%]  55.2
ガラス重量[Kg/㎡]   15

ガラス構造図

特長

高い断熱性能

冬の暖かさも一般的な複層ガラス以上です。

冷気シャットアウト

窓辺の冷気もおさえます。

結露防止

外気温-17℃まで結露の発生をおさえます。
(室内温度20℃、湿度60%、戸外風速3.5m/s:当社計算値)

省エネ

一枚ガラスに比べ、年間約2万8千円もおトク!(仙台の場合)

オンラインコーティング Low-Eガラスを採用

日本国内唯一のオンラインコーティング Low-Eガラス(Energy-Advantage)を採用しています。