パイロクリアJ・パイロペアJ(耐熱強化ガラスJIS認証取得)

「パイロクリアJ」は、防火設備 告示の例示仕様として使用可能な耐熱強化ガラスです。

※エッジ強度250MPa以上の耐熱強化ガラスとスチール枠(ステンレス枠)を組み合わせることで、個別に大臣認定を受けることなく、防火設備の告示の例示仕様として使用可能です。

※防火設備として使用するためには、耐熱強化ガラスと枠を含めて告示の例示仕様に適用させる必要があります。

ガラス構造図

製品ラインナップ

 

 

※Low-Eガラスは垂直放射率0.03~0.07が告示第1360号の対象となります

※カッコ内の製造可能最大寸法はガラス単体のものであり、告示第1360号としてご使用される場合は告示対応寸法を確認の上、ご使用ください。また、告示対応寸法は躯体開口内寸法のため、ご注意ください

※耐熱強化JISのⅠ類品もありますので、別途お問合せください

マーク表示

外観上、通常の板ガラスと区別するため、コーナー部1カ所に所定のマークを表示しています。

国土交通省 告示改正概要抜粋(2019年3月29日)

※1 告示仕様に従ったサッシ及び施工に適用させる必要があります

※2 耐熱強化ガラス:厚さ6.5mm以上(弊社品は8mmのみ)、エッジ強度250MPa以上

特長

業界初 耐熱強化JIS取得

業界初 耐熱強化ガラスJIS認証(JIS R3223:2017)を取得しました。

エッジ強度250MPa以上

耐熱強化JIS Ⅱ類の要件であるエッジ強度250MPa以上で管理された製品です。

ワイヤレス防火ガラス

網のないクリアな視界と自然な色調が得られます。ワイヤレスのため、さび割れの心配もなく熱割れも発生しにくくなっています。

用途

防火設備が必要な開口部
1階まわり
スチール枠・ステンレス枠が仕様されることが多い1階まわりにおいて、パイロクリア®J・パイロペア®Jは、安全で明るい空間づくりを実現できます。