家庭における熱の有効利用促進事業(高断熱窓・ドア)

事業概要

都内にある既存住宅に設置されている窓を高断熱窓に改修する方に対して、
その経費の一部(工事費用1/6、最大50万円/戸)が助成されます。

事業内容

1.助成率及び助成金の上限額

助成対象経費の1/6以内かつ助成金の上限額50万円/戸
※助成対象経費に国からの補助金を充当する場合にあっては、助成対象経費の1/2の額から当該補助金の額を控除した額

2.助成対象者

①助成対象住宅の所有者(個人・法人)または管理組合
②上記①と共同で申請するリース事業者

3.改修要件

改修工法及び採寸

改修方法 採寸
ガラスの交換 ガラス交換 ガラス寸法*3
カバー工法*1 開口部(サッシ枠)の内側寸法
建具の交換*2 ガラス寸法
外窓の交換 開口部(サッシ枠)の内側寸法
内窓の取付け
*1 「カバー工法」とは、既存窓枠を取り外さずに、その枠の上から新しい窓を取付ける方法。
*2 「建具交換」とは、障子部分である「建具+ガラス」を一体のものとして交換すること。
*3 「ガラス寸法」とは、額縁に組み込まれた部分を含むガラスそのものの寸法。

・戸建住宅
最低、1居室の全ての窓を改修する必要があります。

・集合住宅
助成対象とする各住戸の1居室の全ての窓を改修する必要があります。

.対象製品
(1)未使用品であること
(2)国の省エネルギー投資促進に向けた支援補助金(省エネルギー投資促進支援補助事業のうち住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業)(高性能建材による住宅の断熱リフォーム支援事業)において、 当該事業の執行団体である一般社団法人環境共創イニシアチブ「SII」)に補助対象となる製品として登録されている窓及びガラスであること。
当社対象製品はこちら

5.交付申請期間
令和2年7月15日(水)~令和4年3月31日(木)17時まで
※公社必着

参考資料・参考サイト