ガラス選定シミュレーション
積雪強度計算とは

トップライト、庇(ひさし)に使用されるガラスの強度を検討するにあたっては、設計風圧力だけでなく、積雪荷重や
ガラス自身の重さも考慮しなくてはなりません。以下に想定される荷重条件イメージを示します。

1. 積雪荷重および風加重による短期荷重
短期許容応力値で比較検討する。
短期荷重WS+=積雪荷重×0.35+風荷重+ガラス自重
2. 積雪荷重による長期荷重
長期許容応力値で比較検討する。
長期荷重WL=積雪荷重×1.0+ガラス自重
3. 風荷重による短期荷重
短期許容応力値で比較検討する。
短期荷重WS-=風荷重-ガラス自重
ガラス選定シミュレーションの解説

ガラス選定シミュレーションについてイラストや動画で分かりやすく解説しています。
はじめて計算をする方は、ぜひご覧ください。

※従来の「科学技術計算サービス」は、2006年12月8日より「ガラス選定シミュレーション」となりました。

板ガラスの強度と強度設計 
PDFダウンロード

板ガラスの強度と強度設計

総合カタログ 技術編 PDFファイル 1277KB / 4ページ

ダウンロードする