ガラス用語集

ま行

曲げガラス
ある目的や意匠のために、板ガラスに曲率を付けて加工すること。
ミラー(=鏡)

ガラスの片面に可視光を反射する金属膜(アルミ、銀など)をコーティングすることで、ミラー(鏡)となる。

≫  ガラスの種類別「鏡・カラーガラス」
無アルカリガラス
アルカリ成分を含まないガラスで、一般のソーダ石灰ガラスに比べ、熱膨張率が小さい。
主なニーズはディスプレイ用ガラス基板。
メッキ
ガラスの表面加工の一手法。
ミラーの裏面に銀の膜を付ける際に用いる。
面取り
ガラスを切断した切り口は鋭利な刃物状で危険なため、砥石などでその部分を削る加工。

≫ 総合カタログ「ガラスの加工」(PDFファイル 299KB/2ページ)