HOME ガラスの種類別合わせガラス

合わせガラスとは

“合わせることで、様々な機能を実現”

合わせガラスとは、その名のとおりガラスをくっつけて作られたガラスです。
2枚以上のガラスを強靭な樹脂膜で接着して一体化します。
樹脂膜の力で、割れてもガラスの破片が飛び散りません。
一般的なガラスよりも安全性能が格段に向上しています。

さらに、中間膜を厚くしたり、特殊中間膜をはさむことで、機能追加を実現しました。
例えば、防犯性能・防音効果・紫外線カット・意匠性など、あらゆるシーンで幅広くご利用いただけるガラスです。

合わせガラス構造図

合わせガラスは防災対策に大きな効果!

安全ガラス(合わせガラス、強化ガラス)のうち、特に脱落防止性能に優れた「合わせガラス」を防災ガラスといいます。

対貫通性能、紫外線カット性能、防犯性能、遮音性能にも優れており、衝撃によりガラスが割れても、破片が落ちることはほとんどありません。

合わせガラスの優れた性能

脱落防止性能

衝撃によりガラスが割れても、脱落防止性能によって、破片が落ちることはほとんどありません。 破壊後にさらなる変形を加えても、飛散率は2%程度。その破片も最大で約6〜25g程度に納まっており、防災性能に優れていることが分かります。

破損状況

出典:財団法人 日本建築防災協会「ガラス飛散防止性能検討業務 報告書 平成15年3月」より

※飛散率:ガラスを強制的に破壊し、その時脱落した破片の総重量をガラス全体の重量に対する百分率(%)で表したものです

耐貫通性能

人体がガラスに衝突してしまう事故が発生しても、人体が貫通する事はありません。
ガラスによる大怪我や落下事故といった被害の拡大を防止します。

紫外線カット性能

中間膜は人体への有害な紫外線を99%以上カットします。
家具やカーテンなどの変色、褐色防止にも有効です。

防犯性能

中間膜を強靭で厚いものとすることで、バール等を使っても容易に貫通できない防犯性の高いガラスに。
窓からの侵入を許しません。

遮音性能

遮音性能に優れた中間膜の使用により、驚くほどの遮音性を実現。不快な騒音の進入と室内の発生音の外部への漏れを防ぎ、快適な居住空間を確保します。