HOME ガラスの種類別防火ガラス

防火ガラスとは

“万一の火災に備えて”

もしも火事が発生したら・・・。
日常生活を安心して過ごすためにも、万一の事態に備えておくことは非常に大切です。

その一つが窓ガラス。
火事が発生した際、ガラスはなぜ危険なのでしょうか。
一般的なガラスは、耐熱性能を持っていません。高温の炎で熱せらると、割れてしまいます。
また、ガラスの脱落により火炎の侵入を防ぐことができません。

そこで登場するのが「防火ガラス」です。
主な「防火ガラス」には2種類あります。


(1)金属の網を入れた「網入りガラス」
火災時に破損しても、金属の網がガラスの脱落を防ぎ、火炎の侵入を抑えます。
従来はこの「網入りガラス」が多く用いられてきました。
防火ガラス構造図
(2)「防耐火ガラス」
建築用として使用されている板ガラスに、特殊な加工と超強化処理を加えた、防火設備用の耐熱ガラスです。
特徴としては、フロート板ガラスの6倍以上、強化ガラスの2倍以上の強度があります。
万一破損しても、破片は粒状になる安全ガラスです。
網のないクリアな外観と自然な色調が得られ、開放感のある空間デザインを可能にしました。

防火ガラスの破損実験

火災時に万一ガラスが破損した場合、その破片が鋭利であれば非常に危険です。
そこで、「防耐火ガラス」は耐熱性能や遮熱性能に加えて、非常に優れた強化ガラスとしての性能を持っています。
写真は防耐火ガラス「パイロクリア」の破損状況です。
強い衝撃が加わると前面にヒビが入ったような状態になり、鋭利な破片が飛び散ってくることはありません。
また、破損した際には小さな破片となりますので、人体を傷つける恐れはありません。