HOME ガラスの種類別複層ガラス

複層ガラスとは

“基本性能は「断熱」 + 用途に合わせた付加機能”

複層ガラスは、スペーサーと呼ばれる金属部材で、2枚のガラスの間に中空層を持たせたガラスです。スペーサーを用いて保たれた空間には、乾燥空気を封入してあります。

住まいの快適さを大きく左右する要因の一つ、熱。
冷暖房効果の低下や、結露の発生など、熱の移動によって、住まいの快適さを損なう様々な問題が起こります。
複層ガラスは、熱が最も移動しやすい「窓」の断熱性能を高め、それらの問題の多くを解決します。
さらに遮熱や紫外線カット、防犯、防火などの機能を備えた高性能複層ガラスを使うことで、それぞれの地域と住まいにあわせて心地よい経済的な暮らしを実現できます。

お住まいの地域、窓の場所、さらには家のデザインなど様々な観点から、暮らし方を意識して選ぶことが可能です。
たとえば・・・

複層ガラス構造図

冬より暖かい住まいにします

複層ガラスは室内の暖房熱を外に逃がさず、同時に外から冷気が伝わるのを防ぎ、暖房効果をぐんと高めます。更に高断熱タイプなら、昼間の太陽の暖かさを取り込みつつ室内の暖房熱を逃がさない機能で、より暖かく過ごせます。

不快な結露を軽減できます

寒い冬や梅雨時に窓に発生する結露は、カーテンや窓枠を汚すだけでなく、シックハウスの原因のひとつとなっているカビの発生を助長します。冷たい外気の影響を受けにくい複層ガラスなら不快な結露を防ぐことができます。

夏の涼しさを保ちます

住まいの冷房効果を低下させる夏の強い日差しは、窓を通って進入してきます。外部からの日射熱を室内に入れにくい遮熱タイプの複層ガラスなら、大きな窓のある部屋でも冷房効果を高め、涼しく快適な環境をつくります。

防犯・防火の性能を発揮します

2枚のガラスのうち、1枚を防犯ガラスやワイヤレス防火ガラスにする事で、防犯や防火の性能を持たせる事ができます。断熱性能が実現する快適さに加え、遮熱性能など求められる機能を様々に変えられます。

空気の層について

熱は温度の高いほうから低いほうへ移動する性質があり、この熱の移動を少なくすることを「断熱」といいます。

たとえばダウンジャケットを着ると暖かいのは、羽毛の中にある小さな空気の層によって熱の移動を抑えているからなのです。空気は熱の逃げ道を防ぐのに効果的で、複層ガラスもダウンジャケットと同様に中空層の中にある空気によって断熱しています。中空層は通常6mmと12mmの厚さがあり、12mmのほうが断熱性能に優れています。

それ以上の厚さになると空気の対流が生じるため断熱性能は変わらなくなります。また、遮熱の性能値は中空層の厚さの違いによる差はほとんどありません。