HOME ガラスの種類別熱線吸収・熱線反射ガラス

熱線吸収・熱線反射ガラスとは

“都市環境の中で個性豊かな表情をつくりだす”

ガラスの反射でキラキラと輝いているように見える高層ビル。
遠目から見ても、その輝きが立派さを際立たせています。
そんなビルの窓ガラスに多く採用されているガラスが
「熱線吸収ガラス」や「熱線反射ガラス」です。

このガラス、見た目の美しさ以上に、高い機能を兼ね備えています。
名前のとおり、「熱線吸収ガラス」は熱光線を吸収。
日射熱を吸収することにより、ガラスを透過する熱の量を抑えます。
「熱線反射ガラス」は表面の金属酸化物を焼き付けてあり、日射光線を反射します。
キラキラ輝いてみえるビルのガラスの表面は、この金属なのです。

熱を吸収・反射することのメリットは、差し込む日射の量を抑え、暑さを軽減するだけではありません。
それに伴い、冷房負荷が軽減されるのです。
効果的な省エネを実現し、見た目に美しく、地球に優しいビルとなります。

熱線吸収ガラスの特徴

熱線吸収ガラスを使用した建物

熱線吸収ガラスは、板ガラス組成の中に微量の金属成分を加えて着色されたガラスです。
美しい色彩を持ち、環境のコントロールにも大きな効果を発揮します。

熱線反射ガラスの特徴

熱線反射ガラスを使用した建物

熱線反射ガラスは、表面に金属酸化物を焼き付けたガラスで、日射エネルギーを反射し冷房負荷を低減させ、効果的に省エネを実現。
ハーフミラー効果を持ち、都市環境の中で個性豊かな表情をつくりだします。