HOME ガラスの種類別鏡・カラーガラス

鏡・カラーガラスとは

“鏡はガラスからできている”

これを聞くと一瞬驚く方もいらっしゃるでしょう。
普段何気なく、見ている鏡。実はこの鏡、ガラスなのです。

では、どのように作られているのでしょうか?
(1)板ガラスをよく洗浄し、片面に銀を吹き付ける
(2)銀の上に銅を吹き付ける
(3)銅を保護する塗料を塗る
(4)乾燥させる

このようにして、平らで透明なガラスに光が通過し、ガラスの片面に塗られた銀に像が映ります。
これが鏡。
ガラスの向こうの銀膜に自分が映っていると考えると、なんだか高級な気持ちになりますね!

平滑で透明、まっすぐに光を通す、そんな板ガラスの性質を利用して、鏡が作られるのです。

鏡の構造図

“カラーガラス”

カラーガラスは、フロート板ガラスの片面に特殊塗料を焼き付たカラフルな内装材です。
鏡の銀膜部分を、特殊塗料にしました。

色塗装の上に保護塗装を施してありますので、はがれや褐色の心配がなくガラス表面の美しい輝きは半永久的です。
インテリアからコマーシャルスペースまで、クリエーターのさまざまなニーズに対応します。

カラーガラス構造図

鏡の特徴

●耐久性に優れている
フロート板ガラスを素材に完全自動化工程によって製造されているため、均一で高品質です。
●完全な平滑さ
光沢が素晴らしく、完全な平面でゆがみのない映像が得られます。

鏡が持つ特性を活かすことで、様々なシーンでの使い分けが可能になります。